カラダの「歪み」を見るのは骨がポイント!

カラダの「歪み」を見るのは骨がポイント!

 

 

こんにちは!

現役アロマヒーリングセラピスト 兼 理学療法士
セラピスト講師
角田里紗です。

今日は特に「骨格」の「骨の部位」

 

 

セラピスト講師,エステティシャン講師,角田里紗,姿勢バランス調整

 

 

について
お話しますね。

超マニアック?!?!?! な話なのか?!?!

と思われると思いますが、笑。

これ知っているのと知らないのとでは、
お客様の見方が一気に変わります。

私は、お客様のカウンセリングに入る前に、
必ず、姿勢の確認をします。

といっても、
「姿勢の確認しますね~」なんて言いません。
そしたら、お客様が身構えてしまって、
お客様本来のお姿が拝見できませんよね。

お客様の普段の
「歩く」「立つ」「靴の脱ぎはぎ」「座って話している」
姿勢全てを観察します。

そこで、大方の凝りの部位を把握しています。

え?!
なんで把握できるのか?!?!?!

私の巫女気質で
霊視しているのか?!?!?
なんて思わないですよね、笑。

私は純粋に、
「骨」の向きや角度、方向を見て
どの筋が凝っているのか?張っているのか?
仮説をたてて、推察しているんです。

どんなセラピスト様も、
表面的な 筋肉については
ご存知な方も多いでしょう。

でも、この骨、骨の部位をしると
さらに、筋肉についても、深く学べるんですよ。

でも、
筋肉の起始ー停止はどこ?
ってなると、眉間にシワを寄せちゃう方いませんか?笑。

 

 

 

かくいう私も、
PT専門学校1年目・・・・
解剖書みても なんじゃこりゃ!?の連続でした笑。

でもこの「筋の起始ー停止」
要は、
筋肉の付いている場所を覚えるのって、
トリートメントを効果的にするのに、
とても良い
のですよ。

なぜか?
筋肉を緩めるのに、
効果的な方法の一つとして、
筋の起始部(停止部)=筋が付いている場所 
を強い押圧するだけでも充分に緩められる
ことがあるんです。

難しいテクニックなんて、
本当に必要な場合は、そんなにありません。

解剖書をみて、
筋肉の性質を考えると、

難しいテクニックよりも
シンプルなテクニックの方が
うまく緩めることができることがよくあります。

私が、姿勢バランステクニック講座
でお伝えしているテクニックは、

どれも難しいものではなくて、
解剖書を読めば、わかるものばかり。

でもしっかり結果がでるから、
受講生の皆様も多くの成果を実際に出されるのだと思うのです。

 

 

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.