凝りは姿勢バランスの崩れから起きる

凝りは姿勢バランスの崩れから起きる

 

 

こんばんは!
現役ヒーリングセラピスト兼 理学療法士
セラピスト講師の角田里紗です

今日は現代女性の多くが訴える
肩こりと腰こりのおこる原因について、
一つお話させてください

私は、
「凝り」には様々な要因でおこると
考えられます。

どんな原因があると思いますか?

代謝の低下、
慢性疲労、
内臓の弱り・・・・
等、内科的側面もあると思います。

私たちセラピストが
直接、今すぐ結果を残せるとしたら、
筋骨格系のアプローチが早いと思います。

筋骨格系のアプローチを選択した場合、

まず、凝りを起こしている原因は、
歪み=姿勢バランスの低下
と私は考えます。

肩こりを訴える 現代女性のほとんどは、
骨盤底筋がゆるみ、反り腰(骨盤前傾、腰椎の前腕、仙骨の前傾)
と同時に、
肩の丸み(円背)
がよくみられます。
 

セラピスト講師,エステティシャン講師,角田里紗,姿勢バランス調整

肩も腰も
骨盤から始まり、脊柱で繋がっています。

つまり、
一つの歪みが、
連鎖的にあちこち歪みを起こすこと
があります。
この様々な連鎖がおこることを「運動連鎖」と言います。

この言葉のことは、
覚えなくていいんですが・・・笑。

要は、
一つの凝りは、
その部位のみで起こしているわけではなく、
他に原因があることがあるということです。

 

何が言いたいかというと、
お客様が「肩こりがするから、ほぐして」と言われて、

言われるがまま
肩こりに
肩のみ施術しても意味がない・・・・

という理由はここにあるのです。

根本的原因がどこにあるのか?
これをまず、把握することが先決です。

それがわかる講座が
姿勢バランステクニック講座。

根本的に凝りや歪みを調整するセッションはこちら
>>>>骨格調整&パーソナルトレーニング

 

 

 

 

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.