リンパセラピストに筋肉の解剖学はいらない?

こんばんは!

呼吸の循環力と骨格軸で
ストレスを前向きな力にかえる
ブレスライトセラピー主宰 
理学療法士 角田里紗です。
(2017.2月リライト記事です。)

 

ところで、本日は技術コンサルでした^^

 

美姿勢・基礎講座で基礎テクニックを習得された方の

さらなるレベルアップにあわせて

 

ご自身のリンパケアテクニックと組み合わせて

「深部を緩めて根こそぎ流す リンパセラピー」をつくりあげました^^

 

ご存知の方も多いと思いますが

リンパの通り道は、動静脈と同様に「階層性」を持っています。

 

つまり、「深部」と「表層」とにわかれます。

 

また、リンパの管の構造は、静脈と同様に、

内部に「弁」を持ち合わせます。

 

動脈のような筋肉のような血管壁はもっておらず、

ペラペラなんですね、リンパ管の壁って。

 

だから、逆流予防のために弁を持つのです。

 

つまり!!

リンパ管自体は、自身では動けず

たえず、〇〇や△△の動きに左右されるということです。

 

随分前にですが、他の生徒さんに真顔で

「リンパセラピストなので、〇〇は知りません。必要ないと思っています」と

 

はっきり言われたのですね、私ただただ呆然・・・・

 

私の頭の中で、急スピードで脳内解剖書をひっくり返して

「リンパってなんだっけ?!」て
学んできたことを走馬灯のように振り返りました、笑。

 

「私の考えは間違い?!」と
自分で自分を疑った始末です、笑。

 

リンパのセラピストとして、
専門家としてそこまで

言い放っておられると、
もう私もただただ見守っておりました。

 

リンパ管というのは、
解剖書で通り道を確認すればすぐにわかりますが

 

△△と並走しております。

リンパ管が流れやすい状況をつくるということは、

△△を流れやすい状況をつるのとほぼ同義なんですね。

 

この〇〇と△△はリンパ管とどんな関係があるのか?
これを理解しているかどうかで
リンパセラピーのケア方法が大きくかわります!

40代女性の太った原因もこの状況に左右されます。

続きはこちらから!

 

 

↓↓↓

 

無料・会員制サイト
本物の達人になろう!
Be the REAL EXPERT!

ーエキスパートが解剖生理学を習得する7つの学習術とは?ー

理学療法士・呼吸の専門家

経験15年目である角田里紗が

アメブロ・クローズドメルマガなどに、
掲載していたマニアックセラピストコラムや
講座内でしか伝えていない動画・音声を
こちらのサイトに全て集約していきます。

専門性の高いエキスパートを目指す方のための

解剖・生理学を習得する7つのstepのメールレッスン配信後
 

ネット情報ではあがってこない、
専門的・マニアックで且つ、サロンワークで活用できる
お役立ち情報がご覧になれます。
 

すぐお申し込みの方はこちら!
サイト詳細を知りたい方はこちら!

 

 

■セラピスト向け講座■

葉角田里紗 現役セラピスト 兼 理学療法士
葉講師プロフィール

 

無料・会員制サイト
本物の達人になろう!
Be the REAL EXPERT!

理学療法士・呼吸の専門家

経験15年目である角田里紗が

アメブロ・クローズドメルマガなどに、
掲載していたマニアックセラピストコラムや
講座内でしか伝えていない動画・音声を
こちらのサイトに全て集約していきます。

ネット情報ではあがってこない、
専門的・マニアックで且つ、サロンワークで活用できる
お役立ち情報をお伝えしております。
 

すぐお申し込みの方はこちら!
サイト詳細を知りたい方はこちら!
 

葉大人気♪セラピストコラム集

 

 

 

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.