<お礼2>神波thy舞生ご高覧いただきまして誠にありがとうございました!

<お礼2>神波thy舞生ご高覧いただきまして誠にありがとうございました!

 

 

神波thy/裏ネタ 第二弾として 続きます^^

 

最後の文末に、
来年2019秋の予告も加えてあります^^

 

ご興味ある方のみ、ご覧くださいませ。

 

ーーーーーーーーー

お客様から

人気があった演目

ーーーーーーーーー

 

圧倒的に面白かったのは

宇賀ちゃんこと
宇賀神さんの踊りでしょうか?

 

さすが、有名ミュージシャンのpv
に出ているだけあって
独特の世界観を醸し出しており、

柱にものぼっちゃうし、

27_3.jpg

 

背中からも「氣」を発している方で
あの「宇宙のような」エネルギーの発し方は

”舞踏”というジャンルの影響を
受けているようです。

 

 

次に人気があったのは
山本ふさこさんの「光」!

25.jpg

 

私、この衣装の早替えを
手伝っていたのですが

もう、装飾品の多いこと。
着替え時間が5分もないのに、

全身タイツに
カツラに、
腰のひらひらに
両手首のキラキラに
額のシールに

とにかく多かった、笑。
二人で何度も練習しましたよw

タッキーさんの数々の魔法とともに、
タッキーさん命名”客いじり”という名の
光を飛ばす仕草や、
振り付けの面白さ、

憑依したかのようなキャラクターを
演じ続けるプロ意識の高さ

 

これらがあいまって、
お客様たちからも大人気の演目でした^^

 

このふさこさん、
1児を育てるママさんでもあり、
私にとって、唯一のママ友という安心感と

舞台芸術の世界の常識や知識が幅広くあり

振り付けの仕方、
舞台の裏方の仕事、役割など
手取り足とり、教えてくださった方です。

心地よい風を吹かせているので、
大好きな方です。

 

そして、
この演目全体をリードして引っ張ったのが
ヒーリングポイスの
ゆっきーこと、角張さん♪

33_2.jpg

 

タッキーさんがおっしゃるように
「ここまで良くなると思わなかった」というくらい、
非常に、技術や表現の幅が広がった
キャストの一人です。

 

タッキーさんの要望も果てしなくw

たくさん動画を送りつけ
山の部族ね、次は、〇〇の部族ね、

どんどん、注文が増えていったのですが、
非常に努力家でもあり、成果もだすので、
今回のエキシビションを全体を通して、
リーダーシップを
とってくださったと思います。

 

 

私的には、
07.jpg

みゆきさんの舞が非常に好きです。

何者でもなく、
会場やその場の空気と一体化して
舞っていく姿は、私の目指すところであり、

あのような美しさを
私も得たいなと羨ましくもあります。

 

みゆきさんは、あんなに細いですが、
アスリート体質で、体力もあり、
運動神経抜群、そして、非常に面白いコミカルなキャラクターで、

私と話しだすと、いつもうるさすぎて、
二人でタッキーさんに叱られる・・・というくらい面白い人ですw
(あの妖艶な美しさとキャラのギャップがすごい)

私がいつも稽古の時楽しく拝見していたのは
ふさこさんとsimonさんが演じた「火」
10.jpg

これもまた、
重い場面転換するペアダンスであり
お二人の息がどんどんあっていく

プロセスを拝見しているので、
個人的に非常に好きな演目でした。

そして、最後に、タッキーさんの舞。

30.jpg
稽古の時から

赤い火の粉があがっているように
二人からメラメラでているので
すげ〜〜と思っていて、
私はタッキーさんとは同じ土俵には
立てないな〜と思っておりましたw

タッキーさんの頭もカツラなんですよ^^
カツラと見えないくらい、自然でしょ?

 

ーーーーーーー

最後に

LISAの演目について

ーーーーーーー

 

私はキャスト全体の中で、

最もど素人で、
最も経験がありませんでした。

ですから、”一生懸命やるしかない”わけで、

2018の大半をこれに命を注ぎました。

 

中打ち上げでのタッキーさんからのお言葉。

Lisaが二番目にやりたいと言ってね。
本人もわかってるけど、
この弱い膝に負担をかけちゃいけない形で、
できるものを考えたときに、

頭と手をつけて(頭は丸いお帽子、長いフリンジのこと)、

地球を持たせれば、
そんなに動けないから、
その役割にしようと決めて、

翌日にはすぐ、
地球(電気のシェードらしい)
イギリスの会社(?)に申し込んだんだよ。』

話してくださって
感動をもらいました。

普通、芸術の世界で、
使えない駒に、役割や
ゴージャスな衣装なんて
与えないと思うのですよ。

それも、私のやりたいやりたい!を
きちんとreactionをとって
翌日には、発注をかけてくださる。

自分の想いをきちんと
受け止めてもらえる、
本当に有難くて有難くて。

この役割としては
地球を連れてくる女神のような役割と
重い場面をパチ!っとかえる役割がありました。

 

なので夫の表現を借りると
「なんか、LISAでてきたとき、
違和感あったんだような~

ウェルカムディズニーランド~♪
みたいな感じだったよ」と、笑。

その通り!というわけで、私も

「ウェルカム~♪皆さま♪地球創生の旅が始まりますよ!」

と祈りを捧げながらお迎えしておりました^^

 

 

そして、タッキーさんからの
あったかいお言葉。

Lisaには、夫も子供達もいるけど、
自分の人生を生きてなかったんだよね。

それを言葉で伝える、教えるのは、
なんだか、おこがましいから

このエキシビジョンを通じて

自分を生きる
ということに気づいてもらえたら
嬉しいなと』


みんなの前では泣きませんでしたが
思い出すたんびに、涙が溢れます。


そして、

エンディングの「気づき」について

タッキーさんコメント。

LISAはね、この気づきの曲の振り付けつくれなくて
 うだうだ言いだして、

 絶対やめないと思ったから
 ”LISA、やめていいよ”といったんだよ。
 
 そしたら、LISAはすぐに”やります!”といって
 翌日、送ってくれた動画をみたけど、
 僕と、サリーさんと、まりさん、3人で泣いたんだ。

 あの時が一番うまかった。
 たくさんの努力、素晴らしかったよ』と

 と、伝えてくれました。

ーーーーーー

エンディング「気づき」の裏テーマ

ーーーーーー

34_2.jpg

これは、

新しい幕開け

女神性の時代の到来を伝える役割がありました。

 

 

地球創生されて
でも、現代の地球は闇だらけ。

それでも、一寸の希望があるはずだ。
その光を表現してほしいと。

 

非常に悲しい楽曲だったのですが、
私自身のカルマの浄化を助けました。

 

 

私のいただいた役割は

どちらも結局「はじまり」と
同時に「女神」としての役割でした。

子宮に通ずる、生み出す、拓く

だからこそ、
私自身、深いカルマの浄化が必要だったのです。

 

 

気に入っていたはずの
ステキな黒いお衣装を着用させていただいたとき、一瞬混乱して
「全身真っ黒、暗く見えてしまう?!」と焦ったのを覚えています。

 


でも同時に
「あ、私、暗く見えちゃいけない、
無理に明るく見せないといけない」
と思ってる自分に気付かされたのです。

 

 

 

自分のカルマを洗い流す時間を
濃厚に過ごし舞台終演後、
お客様のお声から
気づきを頂いたのです。

48428200_1909847229053165_6274851385850724352_n.jpg

「黒い衣装もとても素敵で、
黒い衣装を着ているけれど、
りささん自身が光となり
温かな微笑みを浮かべながら
舞う姿に自然と
涙がこぼれていました」

 

 

「最後リサさんが黒い衣装で登場され、
舞った時に、涙が溢れてきました。

うまく言葉では感情を表現できないのですが、
とても素晴らしい体験をさせて頂きました。」

 

「里紗さんが微笑みと共に現れた時に、
私が凍ってた事に気がついて
身体から力が抜けたようでした。

でも舞っているのは里紗さんではなく
性別のない柔和な存在が
おかえりなさいと伝えているように思えました。

海の音が聴こえたからかもしれません。」

という数々のお声を頂いて、
心から幸せをいただきました。
本当に、ありがとうございました。

 

私、実は、稽古中
全く表情が出せなかったのです。

 

1541_3.jpg

 

怖い顔も、笑顔も。

いつも緊張しすぎて、
ポーカーフェイスで
なんとも味気ない表情で

タッキーさんを困らせていたのです。

 

思えば、若い頃、
好きな殿方を目の前にしても、
好き好き光線を出せませんでしたしw

 

理学療法士時代、医療従事者である以上、
感情も出してはいけないし
子供達が小さく生まれてしまって
泣いてばかりでは育たないし

 

安心して、表情を出せる環境におらず、
結果的に、表情をだすことが
難しくなったのですね。

 

でも、演じている中での「微笑み」

34_2.jpg
全く知らない方々からお声掛けいただいて、

これはタッキーさん演出によるところだったので、

本当にありがたい限りです。

 

ーーーーー

最後に

次回は 〇〇ヶ月後?!

ーーーーー

 

この「〇〇ヶ月」後は
本当かどうかわかりませんがw

タッキーさん曰く、
2019秋に次の舞台がうまれる予定のようです。

 

タッキーさんが

LISA!今日が最後だぞ!
 次は、〇〇ヶ月後だからな!」

とおっしゃるわけです、
オープニングの楽屋裏で、笑。

 

私は、「さあ出るぞ!」と
楽曲をきいていて

異次元の世界に心をセットしているときに、

 

「〇〇ヶ月後?!」と
3次元の今に戻されて、

一瞬混乱させられたのを覚えておりますw

 

 

次回の演目は

pre龍童」
プロジェクションマッピングの装置付きでの演目になります。

かなりの大がかかりになることと、
映像美とあわせてのエキシビションになります。

 

タッキーさんが生み出すビジュアルデザインが
どんな美しさが飛び出すのか、
今から楽しみです。

 

 

これは同時発売で、
「飛び出す絵本」も
一緒につくられていく予定で
これをもとに、表現がはじまっていきます。

 

想定外の面白さ、美しさ
奇想天外がタッキーさんの大好物ですので、

ぜひ、楽しみにされていてくださいね!

最後までご覧くださった皆様
誠にありがとうございました!!

 

 

2019に向けて

お家も心も体も
大掃除していただいて、
良いお年をお迎えくださいませ。

 

 

みなさまに出会えたこと

最高の瞬間を共に、
過ごせたことに、心より、
感謝申しあげます。

 

 

感謝と愛をこめて
LISA

 

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.