くびれ,美尻,美姿勢,ブレスライトセラピー

40代の「くびれ」はこうつくると「呼吸も楽になる!」

40代の「くびれ」はこうつくると「呼吸も楽になる!」

こんばんは

呼吸の循環力と骨格の軸で
ストレスを前向きな活力にかえる
ブレスライトセラピー
breath light therapy


理学療法士
/呼吸の専門家
角田里紗  です。

本日も個別体験会でした♪
みなさまメルマガご覧になってくださるので
とても励みなります。ありがとうございます。

 
 
 
ところで!昨日から始まりました
くびれ」特集♪

くびれ,美尻,美姿勢,ブレスライトセラピー

 
 
 
 
【40代からのくびれ造りで必要なこと!4つ!】
 
 
・重力に負けた歪みを根本から骨格の調整
 =くびれに関係する深部の筋肉を緩める
・上記の理由で、下垂した内臓を元に戻す
・むくんだ体液・リンパなどを流す道を作ること
・上記の理由によって、生まれる筋膜同士の癒着のリリース
 
 
 
今日は、その最初のテーマ
くびれに関係する深部の筋肉を緩める」をお伝えしますね^^
 
 
 
40代の骨格を支える筋肉や靭帯の繊維は
20代と違って水分を失いつつあり
干からびて」いくわけです、私も含めて・・・とほほですよね><
 
 
 
つまり柔軟性を失いまた、強度も弱っていきます。

結果、骨格全体が
「締めなくてはいけない」部分が
「緩んで」しまったり「広がったり」
してしまっています。
 
 
結果、深部の筋肉が骨と骨をつないでたけど、どんどん引き伸ばされて硬くなっていくことが多いです。逆に、縮こまりすぎて硬くなっていくパターンもあります。
 
 
で、じゃあ「くびれ」部分はどうなっているわけ?ということですよね。
 
 
 
骨盤が広がり歪んでいく
結果「縮こまっている」というのが現状です。

どういうこと?ですよね^^

 
 
 
 
これは正常の解剖図になりますが
 

この一番下の小さい肋骨12番目の骨(浮肋)と骨盤のトップのライン(腸骨綾)

の空間があるかないかで

くびれができるのかどうかが決まります。

 
 
 
皆さんもぜひ、今やってみましょう。
骨盤の上部ラインと肋骨の間に
ご自身の両手のゲンコツをこの空間に縦にいれてみてください。
 
 
 
入りますか?
ゲンコツを横にしてなら入りますか?
もしくは、指何本なら入りそうですか?
 
 
 
この空間確保が
くびれができるかどうかの分かれ道!
 
 
 
グラビアアイドルの方々は
ここのくびれ度合いでご飯が食べれるかどうか決まるので、このくびれを作るために人によっては、この12番目の肋骨を除去する手術をするくらいなんですよ^^
(とても痛そうですよね?!)
 
 
 
 
 
 
そしてとても面白いのがこの空間にある筋肉がまさしく「呼吸を深くするための筋肉」が付着する部分なのです。

IMG_0959.JPG

上の図で見ると
肋骨の一番下の骨と骨盤の空間にある
お腹・下腹部=脇腹に位置する筋肉。

 
グラビアアイドルの方々は、かなり努力してこのくびれ部分の筋肉をしっかり緩めストレッチされているからあの難易度の高いセクシーポーズが成立するわけです。
 
 
 
 
だから、
くびれがない
=肋骨と骨盤との空間が狭い
=深く呼吸する筋肉がガチガチ
=呼吸が深くできない、浅くなる
=最終的に、動悸が出やすくなったり、眠りが浅くなる・・・など起きる可能性がある。
 
 
 
ということ。
 
 
 
舞台俳優の王子様
山崎育三郎さまご存知ですか?
imgres.jpg
 
 
 
私も好きな俳優さんの一人ですが
歌う時の呼吸法はまさにここの下腹部が思いっきり膨らむようになっていて

ドキュメンタリーで披露されていて感動下のを覚えています。常に柔らかくなるよう維持されて肺活量を維持されているようです。

 

眠りが浅く、呼吸が浅い方の多くは、このくびれを作る部分の筋肉がガチガチであり、
且つ、この空間に指やゲンコツがほとんど入らない方がほとんどです。
 
 
 
外見的に、くびれをつくることに興味がなかったとしても

この空間をしっかり開けるセルフケアをできると結果的に体が楽になっていきますよ^^
 

じゃあ、なぜ、40代、50代と年齢を重ねるとここがガチガチになるのか?!その理屈をお話ししつつ、セルフケアもご紹介していきますね^^

 
 
 
いかがでしたか?
 
 

ブレスパフォーマンス
 アップセミナー募集中!

スクリーンショット 2018-01-22 20.42.52.png

*呼吸で人生がかわるメルマガ読者特典!
こちらからお申し込みください!*
https://www.agentmail.jp/form/pg/8441/1/

 

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.