【セラピーでの情報収集はこう聴きだすと本質がみえてくる?!】カウンセリングで肩こり腰痛を根本解決の一手を!セラピスト向けメールレッスン講座

【セラピーでの情報収集はこう聴きだすと本質がみえてくる?!】カウンセリングで肩こり腰痛を根本解決の一手を!セラピスト向けメールレッスン講座

《セラピーのコアを担う
 ”ストーリー”聴きだす質問力とは?》

 

読み解き解決講座全体像.png

 

依存型ではなく、
自立型のセラピストを目指す
方の多くは、
この情報収集がうまいですよ
とそんなお話しました^^

業界は違いますが
売れる営業マンも結局これがうまいです。

昨年、夫が不動産を購入し引っ越しをしたのですが
やはり、うまい営業マンは
情報通であり、かつ
こちらの不安をうまく聞き出し、
「フィット」させた「返し」がうまいのです。
不安を解消させ、
「買いたい意欲」をうまく引き出すのです。

この記事をご覧になってくださるみなさんも
また独自の情報収集方法があると思います。

ここでいう情報収集というのは
積極的に
”引き出す”
”見つける”
ことを
前提とした方法やり方です。

なぜ”引き出す?””見つける?”
ことが必要なのか、わかりますか?

それは、人は自分のことは
自分で全てを理解することはできないからです。

先ほどの不動産の話ではありませんが
私たち夫婦が欲しいものが具体的になるまで
営業マン達は聞き出し聞き出し
どんなイメージを抱いているのか
聞き出しながら、
私たち顧客にイメージさせる
のです。

サロンのお客様の多くは、
素人の方も多いでしょう。
だからこそ、お客様自身が気づいていない

肉体的・メンタル的に
どうアプローチして
潜在的な問題を
気づいていただくか?が腕の見せ所です。

 

 

例えば、肩こり
korikori.jpg

 

肩こりを一般的な
肉体的症状でいえば
筋肉が硬くなり、筋膜同士の癒着がおき
血流が低下し、痛み物質があふれ
痛みとして、脳内が認識する・・・・

 

 

これが一般的な肩こりの症状です。

 

 

これだけみれば、
肩周囲の筋肉をリリースしたり、緩ませれば
「一時的に血流が回復し、痛みが軽減、もしくは消失」しますよね。

しかし、これは一時的な対処方法でしかない
肩という部位でここまで症状が進行していれば
当然、他の美しいボディラインを支える
◎◎の部分でも当然、このような症状がおきています。

 

 

肩コリや肩は、
氷山の一角
でしかないということ。

この肩こりが生まれるまでには
時系列・コリがうまれるまでの経過
が存在しますね。

 

その症状を根本的に解決するためには?

 

 

この症状がうまれるまでの経過
=ストーリーを聞き出す

 

 

ことが重要なのです。

 

 

これはお客様自身、
どう肩こりが出来上がったなんて
全然気づいておりません。

だから、慢性的になっている

=負の連鎖をつくっているわけです。

 

 

この負の連鎖を断ち切るための
聞き出す方法、手順などが
やはりあります。

 

 

私のサロンのお客様で
肩こりの訴えが
お涙頂戴のカウンセリングで一気に解決したという
お話も含めて、お伝えしていきますね^^

そのためには、
なにが必要か?
セラピストとして
どんなマインド・前提を持っていると良いのか?

ではみなさんのサロンで
カウンセリングしているとき
「肩こり」についてどう伺いますか?
どんな質問を返しますか?

 

 

今日の記事の気づきも含めて
直接返信いただけると
また深い学びになりますよ!

アウトプットしていくことで
インプットが進みますよ^^

では、考えてみてくださいね!

【新講座募集開始!
「筋膜」で肩こりを読み解く講座】
詳細はこちら

 

《セラピーのコアを担う
 ”ストーリー”聴きだす質問力とは?》

 

読み解き解決講座全体像.png

 

依存型ではなく、
自立型のセラピストを目指す
方の多くは、
この情報収集がうまいですよ
とそんなお話しました^^

業界は違いますが
売れる営業マンも結局これがうまいです。

昨年、夫が不動産を購入し引っ越しをしたのですが
やはり、うまい営業マンは
情報通であり、かつ
こちらの不安をうまく聞き出し、
「フィット」させた「返し」がうまいのです。
不安を解消させ、
「買いたい意欲」をうまく引き出すのです。

この記事をご覧になってくださるみなさんも
また独自の情報収集方法があると思います。

ここでいう情報収集というのは
積極的に
”引き出す”
”見つける”
ことを
前提とした方法やり方です。

なぜ”引き出す?””見つける?”
ことが必要なのか、わかりますか?

それは、人は自分のことは
自分で全てを理解することはできないからです。

先ほどの不動産の話ではありませんが
私たち夫婦が欲しいものが具体的になるまで
営業マン達は聞き出し聞き出し
どんなイメージを抱いているのか
聞き出しながら、
私たち顧客にイメージさせる
のです。

サロンのお客様の多くは、
素人の方も多いでしょう。
だからこそ、お客様自身が気づいていない

肉体的・メンタル的に
どうアプローチして
潜在的な問題を
気づいていただくか?が腕の見せ所です。

 

 

例えば、肩こり
korikori.jpg

 

肩こりを一般的な
肉体的症状でいえば
筋肉が硬くなり、筋膜同士の癒着がおき
血流が低下し、痛み物質があふれ
痛みとして、脳内が認識する・・・・

 

 

これが一般的な肩こりの症状です。

 

 

これだけみれば、
肩周囲の筋肉をリリースしたり、緩ませれば
「一時的に血流が回復し、痛みが軽減、もしくは消失」しますよね。

しかし、これは一時的な対処方法でしかない

この肩こりが生まれるまでには
時系列・コリがうまれるまでの経過
が存在しますね。

 

その症状を根本的に解決するためには?

 

 

この症状がうまれるまでの経過
=ストーリーを聞き出す

 

 

ことが重要なのです。

 

 

これはお客様自身、
どう肩こりが出来上がったなんて
全然気づいておりません。

だから、慢性的になっている

=負の連鎖をつくっているわけです。

 

 

この負の連鎖を断ち切るための
聞き出す方法、手順などが
やはりあります。

 

 

私のサロンのお客様で
肩こりの訴えが
お涙頂戴のカウンセリングで一気に解決したという
お話も含めて、お伝えしていきますね^^

そのためには、
なにが必要か?
セラピストとして
どんなマインド・前提を持っていると良いのか?

ではみなさんのサロンで
カウンセリングしているとき
「肩こり」についてどう伺いますか?
どんな質問を返しますか?

 

 

今日の記事の気づきも含めて
直接返信いただけると
また深い学びになりますよ!

アウトプットしていくことで
インプットが進みますよ^^

では、考えてみてくださいね!

【新講座募集開始!
「筋膜」で肩こりを読み解く講座】
詳細はこちら

 

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.