ストレスを前向きな力に変えるために必要なのは骨格調整と呼吸

海外の医学部卒業されてる タッキーさんの元で

タッキー.JPG

量子力学の言葉「トラース構造

スクリーンショット 2017-09-26 21.30.50.png

と「呼吸」の関係を 1日かけて学んでおりました。

このトラース構造って
上の画像のように
人体構造を取り巻いておりますし、

022d60dda1501594ffd86e512551c0a1_s.jpg

わかりやすく右側のりんごの輪切りのように
りんごやなしなどの断面図(右側の断面図)
地球上の産物にみられる構造の一つです。

つまり、自然界に溢れている形であり
また私たちの生命力の循環にも
大きく影響を与えている
ようなんですね。

なぜ、この話をしているのか?

 

 

それは、ブレスライトセラピーを
受けてくださる方のほとんどが
前向き強くになる」んですね。

みんなでジャンプ.jpg

 

 

正直、よくわからなかったのですね
肉体的に結果を出すのは、当たり前として、

なぜ、前向きに強くなるのか?

 

 

俗に言う、
ネガティブをポジティブにするとか
不安や恐怖を吹き飛ばすとか
ストレスリリースとか

 

 
そんなチープな話ではなく、皆さん
現実的に、いろんな問題が起きている中で、

 

 どんな辛いことも、 ストレスも 力に変えていくのです。

 

 一見、絶望的に見えることも
その時は飲まれながらも
その感情に引きづられ続けず
リセットしたり、俯瞰したりする力が生まれているのですね。

すごいな〜と感動するのですけど
プロとして「なぜ?なぜ?」と思うわけです。

その学術的な根拠がなかったので
いろんな理由や学術書は読んで
探していたのですが、

その理由がはっきりと腑に落ちたのが
トラース構造と呼吸の関係、
そしてそれを
支える軸ある骨格構造の必要性
でした。

 
 
この概念や理論は日本では
まだしっかり明言しているものがありません。

 

海外では、ストレスを力に変えていく
 ストレスを良いものとして受け取って、
視野思考を変えて取り扱う
と言うのは
主流にあるようです。

 


骨格調整をすれば
体が整うから 心が前向きになる!
と言うチープな話ではなく

しっかり根拠があるのだと言う
その事実に気づいたことは大きな発見でした^^

ストレスを力に変える方法とは何か?
次回のメルマガで
有名な著書をご紹介しながら
一部方法もご紹介いたしますね^^  


ブレスパフォーマンス
 アップセミナー募集中!

スクリーンショット 2018-01-22 20.42.52.png

呼吸で人生がかわるメルマガ読者特典!
こちらからお申し込みください!*

 

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.